Iquiries お問い合わせ生活にお困りの方へ

何度でもやり直せる
そんなお手伝いをしています

1人で悩んでいませんか?遠慮せずに相談してください。

NPO 法人Homedoor(ホームドア)は、2010年から大阪で活動している生活にお困りの方への支援団体です。
就労面や生活面のサポートをしています。
下の項目で、1つでもあてはまったらお気軽にご相談ください。
※当てはまらなくてもHomedoorでお手伝いできる事があるかもしれません。遠慮なく相談してください。
※大阪以外からのご相談には、ご連絡いただいた後、ご希望があれば関係団体を紹介しております。

  • 家賃が払えない。家賃を払えずに家をでた。
  • 住むところがない。帰る家がない。
  • ネットカフェなど深夜営業店舗で寝泊まりしている。
  • 頼れる家族がいない。
  • 働きたいが仕事先が見つからない。
  • 収入が少ない。
  • 所持金が10万円を切っている。
  • 役所で生活保護の利用を断られた。
  • 病院にかかりたいけど医療費がない・・・など

生活にお困りの方へ

困っていることはなんでもお話しください。

詳しく見る相談フォームから

詳しく見るお電話または来所にて


相談方法

①メールで相談する
相談フォーム
もしくはsoudan@homedoor.org までメールをお送りください。
 ※メールでのご相談の場合は、連絡先(メールアドレスや電話番号など)を必ずご記入ください。
 ※返信してもエラーでかえってくることが増えています。アドレスの入力間違いや受診設定の確認をお願いします。
 ※随時返信していますが、3日経ってもメールの返信がない場合は、メールの受信設定を確認し再度ご連絡ください。
 ※3日以上経っても返信がない場合は、お電話ください。

②電話する
相談者専用電話070-5439-1715(平日11時〜18時/土曜・祝日13時〜18時)
 ※すぐに電話に出られない場合がありますが、折り返しご連絡します。
 ※電話専用のため、この番号にメールを送らないでください。

③直接来て相談する
事前に電話かメールにてご連絡ください。
住所:〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東1-9-14 地図を見る

 ※専門の相談員(精神保健福祉士など)が対応します。
 ※相談は無料です。一般の方からの寄付や助成金により、運営しています。
 ※ご相談いただいた方の個人情報は、厳守いたします。
 ※ご相談内容は、個人を特定されない形で調査等に利用する場合がございますので、ご了承ください。


Homedoorのサポート内容

<生活のサポート>
・緊急一時宿泊 (シェルターの詳細)
・食料や衣服、洗面道具などの生活物品の提供
・生活保護等の公的制度の申請同行
 ※保護費や手数料をいただくことは一切ありません。
・住居探しのお手伝い
Homedoorの支援内容
<就労のサポート>
ご相談内容によっては、お仕事を提供しています。(日払い可能)
・行政からの委託でHomedoorが運営しているお仕事
・Homedoorが運営しているレンタサイクル「HUBchari」のお仕事
<アンドセンター(事務所)について>
開所時間:平日:11:00~18:00 土曜・祝日:13:00~18:00
利用料:無料
できること:
・団らんスペース(自由に過ごしていただけます)
・食事(ご飯やラーメンなどを常に置いています)
・洗濯、シャワー
・パソコン、図書コーナー(携帯の充電やネット検索等ができます)
・仮眠室
・看護師による無料健康相談会(毎月第3木曜日14:00〜)
アンドセンター

相談事例

<Aさん(40代男性)の場合>
 ネットカフェ代が尽きて野宿を数日した時も、誰にも相談できませんでした。身内はもういないし、もともと性格的に相談をするのが苦手でした。かつては正社員として人の上に立っていたこともあるので、どうしてもプライドが邪魔をしてしまい、家も仕事もなくなったことを、誰かに相談するということができず、「まだなんとかなる」とギリギリまで思っていました。ただ、持病があったので2ヶ月間、病院に行けなかったことが何よりもしんどかったです。

 ネットカフェに泊まっていた時に、情報だけは手に入れておきたいと、Homedoorのことや役所のことを調べていました。まだ年齢が若いので、役所に相談に行こうとは思えませんでした。ネットカフェは周囲の音が気になって全然寝られなかったし、これからどうなるんだろうと不安でした。野宿を始めてから死を覚悟して、もうどうにもならないならと思い、Homedoorに連絡をしました。相談員からのメールが返ってきていなかったら、今はどうなっていたかわかりません。

  所持金がなかったので、2時間歩いてHomedoorへ。個室の部屋に泊めてもらえたのはありがたかったです。病気のこともあり、個室でなければ泊まらなかったと思います。安心して泊まれる場所を用意してもらえただけでなく、すぐ病院にもつないでもらえたのが本当に嬉しかったです。そのあと夏の暑い中、家探しを手伝ってもらって生活保護の申請にも付き添ってもいました。思っていたよりも役所ではスムーズに手続きしてもらえました。

  今では安心して住める場所があって、病院にも通えています。住居がないと何もできないと思い知りました。

  • Bさん

    Aさんからのメッセージ

    困っている時に、必ず助けてくれる人はいると相談してみてわかりました。
    自分一人で思い込まず、絶対に相談したほうがいいです。
    一人で悩んでいてもしょうがないこともあります。
    ぜひHomedoorを頼ってみてください。

<Bさん(20代女性)の場合>
 生活に困り、友人の家を転々としていました。関係を悪くしたくなくて、自分から友人宅を出ては、行き場所に困るという生活の繰り返し。そんな中、私は携帯をもう持っていなかったのですが、友人が相談できるところがないかをネットで調べてくれました。Homedoorのホームページにはシェルターがあると書いてあったし、他に頼れるところもなかったし、とりあえず相談してみようと思いました。その時、大阪府外にいたので、Homedoorまで4時間かけて自転車で行きました。自分も家はなかったけど、「ホームレス」というイメージに若い女性である自分が合わなくて、自分が相談に行っていいのかは少し迷いました。

 Homedoorへ相談に行って、家を借りて仕事を見つけ、元どおりの生活をしたいことを伝えました。シェルターに泊まらせてもらい、面接にも行けるようになり、コールセンターの仕事に無事に就くことができました。しかし、持病の発作が起きてしまい2週間入院することに…。やり直せたと思った矢先に、また仕事を失いました。

 退院後、Homedoorの相談員から生活保護の利用を薦められました。以前私は、一度生活保護を受けたことがあったので、もう受けられないと勝手に思い込んでいたので、知識がなかったので、情報をもらえたのはありがたかったです。

 当時、一番辛かったのは、仕事を探したいけど、履歴書に書く住所がなくて、仕事を見つけることができないことでした。家を借りようと思っても、お金がないし、すべてに負の連鎖が働いていると感じました。Homedoorには相談できる安心感があったし、知識のない自分に制度のことなどを積極的に提案してくれました。意見を自分から言うのが苦手だった私にとってはありがたかったです。疲労困憊の中、宿泊できる場所があるのも大きかったです。

 今は体調がよくない時もあるけど、住む家があること、通院を再開できたことを踏まえると、改善してきている、再スタートに向かっていると感じます。Homedoorに出会えて問題解決の糸口が見えたと思います。

  • Bさん

    Bさんからのメッセージ

    私は、Homedoorさんが無かったら、今頃どうなっていただろうと今でも考えます。
    困っているなら、悩んでいるなら、まず相談してください。
    自分の気持ちを理解して、一緒に良い方向へと歩んでくれる人がそこにはいます。

参考URL

相談はちょっとまだ勇気が出ないな・・・という方は、こちらのサイトをご覧ください。困った時、参考になります。

<電話相談>
暮らしの相談窓口 (提供:内閣府 行政の相談窓口が載っています)
よりそいホットライン (提供:一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 24時間通話無料)

<制度・支援団体の紹介>
働く人の相談窓口一覧 (提供:厚生労働省)
困った時に使える最後のセーフティネット活用ガイド (提供:認定NPO法人もやい マンガでわかりやすいです)
力になれるリンク集 (提供:NPO法人TENOHASI)
脱・ホームレスガイド (提供:NPO法人TENOHASI)
路上脱出ガイド (提供:NPO法人ビッグイシュー基金)


生活にお困りの方への配布チラシ

NPO法人Homedoorでは、ホームレスの人をはじめとする生活困窮者に向け、生活相談の窓口を開設しています。
この窓口をより多くの人に認知していただけるよう、もし、皆様のご近所に、生活にお困りの方がおられる場合、こちらのチラシをお渡しいただけないでしょうか。
ご協力をお願いします。

生活にお困りの方への配布チラシ

相談事業の一部は2018年度年賀寄附配分事業にて運営させていただきました。ありがとうございました。