Donate 寄付をする寄付をする

1日35円からできることがあります。

「どれだけ失敗したとしても、
何度でもやり直そうと思える社会」をつくるために。

家を失ったとしても、仕事がなくなったとしても「もう一度やり直したい…」と思った人が、希望を持って次のステップに進める社会を一緒につくりませんか。

今の日本では、すべての人にホームレスになってしまう可能性があります。でも多くの人はその事実を知りません。

「ホームレス問題は自分には関係ない話だと思っていたけど、あっという間に自分の生活が転落していった」と相談時に話す人も多くいます。

寄付はお金やモノを送るだけの行為ではありません。社会を変えていくための投資でありみなさんの生活を守る保険です。ひとりひとりがホームレス問題に関心を寄せ、行動することがどれだけ失敗したとしても、何度でもやり直そうと思える社会づくりへの大きな力となります。

Homedoorは大阪市より認定を受けた「認定NPO」のため、税控除対象です。

  • 詳しく見るサポーター(寄付会員)になる

    1日35円からできる月ごとのサポートです。Homedoorの活動を支えるサポーターにぜひご協力ください。

  • 詳しく見る好きな金額で寄付をする

    今回のみのサポートを希望される場合はこちらからお願いします。

  • 詳しく見るモノギフト(物品寄付)

    あなたの贈ったモノが、ホームレスの人たちの再出発へのギフトになります。捨てる前に、ぜひギフトとしてお贈りください。タオルや缶詰などの小さなものから電子レンジ、冷蔵庫、テレビなどの家電まで、様々なものを受け付けております。

  • 詳しく見る企業の皆さまへ

    ホームレス問題はさまざまな社会問題が積み重なってできています。どのような業種の会社さまであれ、ご協力いただけることは必ずあります。ぜひまずはお問い合わせください。

  • 詳しく見る遺産・相続財産・香典の寄付をする

    遺言などにより遺産や相続財産を寄付することができます。ご遺志を尊重できるだけでなく、節税も行うことができ、近年注目を集めています。

他にも下記サービスをご利用頂くことで、ご支援いただけます

税控除について

2017年1月23日にHomedoorは大阪市より認定を受けた「認定NPO法人」になりました。当法人への寄付は確定申告をすることで寄付金控除を受けることができます。認定NPO法人とは、所轄庁が、NPO法人のうちその運営組織および事業活動が適正であって、公益の増進に資するものにつき、一定の基準に適合した法人を言います。寄付控除についての詳細はこちらをご覧ください。

FAQ(よくあるご質問)

サポーターについて

Q.サポーターとはなんですか?
Homedoorに関わったことがないのですが、サポーターになってもいいのでしょうか?
A.Homedoorの活動を月1080円から応援していただける定額寄付制度です。サポーター様の会費があるからこそ、私たちは活動を行うことができています。「時間がないのでボランティアなどでは協力できないけど、何かしたい」とサポーターになっていただいている方も多くいらっしゃいます。ぜひ、ご自分にできる形で応援していただければ嬉しいです。
Q.どうすればサポーターになれますか?
A.お申し込みフォームよりお願いします。クレジットカードもしくは口座振替での登録が可能です。登録後、サポーターカードや年次報告書をまとめたサポーターセットをお申し込みのご住所にお送りさせていただきます。
Q.退会や休会はできますか?
A.はい、可能です。Homedoor事務局まで気軽にお問い合わせください。
Q.クレジットカードの変更はどのようにしたらいいですか?
A.お手数をおかけしますが、Homedoor事務局までお問い合わせください。

寄付全体について

Q.どのような活動に寄付が使われますか?
A.Homedoorで行うホムパト(夜回り)や全国各地からの相談にお応えしている相談業務に主に使用されます。用途指定希望がある場合は、事前にお知らせいただければ幸いです。
Q.税控除はできますか?
A.はい、可能です。ただし、寄付者名と寄付者住所をお知らせいただく必要があります。お知らせいただいたご住所あてに寄付の翌年の1月?2月頃に寄付の領収書をお送りしますので、確定申告の際にご利用ください。ご寄付金額の約半分が控除されます。
Q.どの種類のクレジットカードから寄付できますか?
A.アメリカン・エキスプレス、マスターカード、VISA、JCB、ダイナースクラブでのお取り扱いが可能です。サポーターになっていただく場合は、それらのクレジットカードからの自動引き落とし、もしくは、口座振替が可能です。単発のご支援に限り、クレジットカードからの引き落としに加え、銀行振込、事務所への持ち込み寄付もできます。ただ、手数料のコストをできるだけ削減させていただくため、クレジットカードでのご寄付をオススメしております。