Activities 取組内容取組内容

人のやさしさが、支えになった

  • challenge05再出発に
    寄り添う

    引っ越し・見守り

    就労定着

    卒業生サポーター

「何とかできる」ようになるのではなく、「何とかなる」と思えるように

ホームレスの人は、ホームレス状態に陥る過程で仕事や住まいだけではなく、家族や友人、同僚などとの繋がりも喪失します。頼れる人がいないので、生活のすべてを自分の力だけで何とかしようと考えます。住所がないので行政サービスを受けられず、ますます自分の力だけが頼りになり苦しい状態になってしまいます。
しかし、ホームレス状態でなかったとしても、本来たった一人で仕事や生活のすべてをやりくりするのは難しく、リスクも高いのです。ましてや、仕事も住まいもないホームレス状態では、病気やケガなどのリスクが高まります。もし働くことができなくなったら、医療を受けることはおろか食べることもできなくなるかもしれません。
よって、ホームレス状態脱出の道のりの中では、行政サービスを受けられるようにしたり、相談できる人や場所を見つけたりといった、「何かあったときに、再び路上に出る前に何とかなる」状態にすることが必要になります。

 

居宅生活移行サポート居宅生活移行サポート

ホームレス状態の人が行政の窓口へ相談に行くと、「まずは施設に入所してください」と言われることがあります。これは、住まいのない人は安定した仕事に就けずお金がないため、食事や衛生管理もじゅうぶんにできていないので、「居宅で生活をする能力がない」「金銭管理ができないくらいだらしがないから、お金がないのだろう。アパートに入居しても、家賃を滞納するかもしれない」と誤解されてしまうからです。
同じことは、入居する物件を探すときも起こることがあります。ホームレス状態の人は、安定した収入がなく保証人になれる家族や知人もいません。これらは自分ではどうしようもないことなのに、「本人に問題があるのではないか」「トラブルを起こしたり家賃を滞納したりするのではないか」と誤解され、なかなか物件を借りられなくなってしまいます。
Homedoorでは、このような誤解により相談者の選択肢が狭められないよう、本人の要望に合わせて行政窓口への相談同行や、不動産店での物件探しのサポートをしています。さらに、居宅生活に必要な家具や家電などの寄付を募ったり、ボランティアスタッフを中心に引越しや荷物運搬のサポートもしています。

 

モノギフト

家具や家電、衣類などの不要品をリサイクルショップで査定し、査定額をそのままホームレスの人のステップアップ費用として寄付できる仕組みです。リサイクルショップ「良品買館」を運営する株式会社ベストバイ様よりご協力をいただいています。ホームレスの人がアパート入居をする際に必要な物品等は、査定せずにそのままご寄付いただくことも可能です。詳しくはモノギフトのホームページをご覧ください。

モノギフト

さらに詳しく見るモノギフト公式サイト

一般就労移行サポート一般就労移行サポート

住まいがなくてもできる仕事をし、貯金をしてアパートに入居し、新しい仕事に就きたい-。Homedoorに相談にやってくる人の多くが、このようなゴールにたどり着くことを望んでいます。実際にこのゴールが見えたときは、本人はもちろんスタッフもとても嬉しくなります。
しかし、新しい生活には、楽しみだけではなく負担やストレスが伴うこともあります。特に新しく仕事を始めた場合は、最初の給料をもらえるまで、1ヶ月以上無収入の状態で生活しなければならないことがあります。環境の変化や人間関係に慣れるためのエネルギーが必要な時期に、貯金がどんどん減っていくストレスまで感じることになるのです。就労後の不安に寄り添い、いつでも気軽に相談できるよう関係を継続することが必要です。

 

卒業生サポーター卒業生サポーター

孤独なイメージのあるホームレスの人たちですが、義理堅く他人の面倒をよく見る人たちも多くいます。Homedoorにやって来る人の多くは、ホームレス状態から抜け出した後も、夜回り活動でホームレスの人に弁当を配布したり、季節のイベントや食堂で調理をしたりと、ボランティアに参加して活動を支えてくれます。また、講演などで登壇し自らの体験を語ってくれることもあります。実際にホームレス経験をし、そこから抜け出した人が近くにいることは、ホームレス状態脱出を目指す人にとって大きな励みになります。Homedoorは、ホームレス状態を脱出した「卒業生」も支えていきます。彼らがホームレスの人たちの頼もしい先輩として安定した生活を送り、積極的にHomedoorの活動に参加できれば、ホームレス状態を脱出できる人の支えになると考えています。

ぷらっと会員制度

ホームレス状態を脱出した後も、気軽にHomedoorに相談したり活動に参加したりできる制度です。入会期間中はイベントに無料で参加できたり、アパートを借りた人は毎年入居記念日をお祝いするなどの特典があります。

サークル活動

共通の趣味を持つメンバーと、サークル活動を通じて交流を深めることを応援します。現在は、ボードゲーム・登山・寺社仏閣巡り・日本歌謡の4つのサークルが活動しています。

  • スライド2枚目

    登山部の活動の様子。おそろいのTシャツとマグカップはHomedoorオリジナル!

  • スライド2枚目

    寺社仏閣めぐり部の様子。四季の移ろいを楽しみながら、寺社仏閣めぐりをしています。

  • スライド3枚目

    ボードゲーム部の様子。みんなでワイワイ、ゲームを楽しんでいます。

  • スライド4枚目

    日本歌謡を楽しむ会の様子。歌が上手な方が多くてびっくり。

  • スライド5枚目

    銭湯サークルの様子。ヘルスケアのポイントを貯めると無料で銭湯に!

応援する応援する

ホームレス状態を脱出した人が、再び独りにならないように…みなさまにもできることがあります!

(1)ボランティアをする

アパートに入居した人の引越しや、サークル活動の運営をお手伝いいただけるボランティアを募集しています。まずはボランティア登録の上、興味のある活動やボランティアデーにご参加ください。

さらに詳しく見るボランティア登録をする

(2)サポーターになる

1日35円~ホームレスの人のステップアップを応援できる「サポーター制度」を設けています。サポーター会員になっていただくと、毎年報告書をお送りするほか、ホームレス経験のある当事者の生の声が聴ける報告会にもご招待します。ぜひご登録ください。

さらに詳しく見るサポーターになる