About us Homedoorとは1ページでわかるHomedoor

選択肢なんてなかったんや。
ホームレスになる以外な。

ここでは、ホームレス状態に陥った40代男性Mさんと
Homedoorの出会いを軸に活動を紹介していきます。

1ページでわかるHomedoor


Scene.01

実家に経済的余裕がなく、高校卒業後はすぐ働くために、派遣社員として住み込みの工場の仕事についた。しかし、ブラック企業で深夜まで働くも給料は一向に上がらない。工場長に訴えるも、生意気だと契約更新をしてもらえなかった。
すぐに寮を追い出されるが、そもそも給料が安く、ずっとギリギリの生活だったので貯金はなかった。家を借りるような時間もお金も余裕がなく、少ない手持ち金でひとまずネットカフェに泊まることにした。

<正社員に就きたくても就けなかった派遣労働者の割合> 正社員に就きたくても就けなかった派遣労働者の割合

厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査」1999年、2007年

Scene.02

次の仕事をすぐに見つけようと面接に行くも、なかなか決まらない。
そのうち携帯代が払えなくなり、電話が止まった。

仕事の面接に行っても「電話がないと雇えない」と言われた。
所持金もどんどん減っていき、ネットカフェに泊まるお金も底をついた。  

<住居を失い寝泊まりのためにインターネットカフェ等を常連的に利用する住居喪失者> 住居を失い寝泊まりのためにインターネットカフェ等を常連的に利用する住居喪失者

厚生労働省「ネットカフェ難民調査」、2007年

Scene.03

実家に頼りたくても、実家からはお金がないなら帰ってくるなと言われ、もう野宿をする選択肢しか残されていなかった。外で寝ることには抵抗があったので、一晩中歩きつづけた。

昼間は公園や図書館で過ごし、夜はやみくもに歩く。睡眠をとらない生活をしばらく続け、体力も気力も限界に達していた。

なりふり構わず、野宿をしている人たちが 何人かいるところで、自分も真似して寝てみることにした。

『路上は硬いし、すごく冷たい。』 そう思ったけど、必死に目をつむった。 疲れていたからすぐ寝れると思ったのに、 道行く人の足音が想像以上にうるさくて、全然寝付けなかった。

Homedoorへの相談時に「住居なし」と回答した人の、主な生活拠点(2016年度) Homedoorへの相談時に 「住居なし」と回答した人の、 主な生活拠点(2016年度)

Scene.04

少し野宿に慣れて、路上で寝ていたある日、「こんばんは。夜回りをしています。お弁当を持ってきました。」と声をかけられた。

野宿状態でも働ける仕事があることや、Homedoorが運営する個室型宿泊施設「アンドセンター」へ行けば、生活の相談や宿泊ができることを教えてもらった。

携帯電話も家もない自分が働けるのか心配になったけど、とりあえず話を聞きに翌日、事務所に行った。

<相談者のHomedoorを知ったきっかけ(2017年度)> Homedoorを知ったきっかけ

Scene.05

アンドセンターの扉をたたくと、専門の相談員が出迎えてくれた。個室の相談室でゆっくり話を聞いてもらいながら、自分にあった路上脱出の選択肢を提示してもらった。

ひとまず、アンドセンターに宿泊しながら、今後どうしたいか、ゆっくり考えることとなった。また、無料で食事や衣服、生活用品をもらうことができた。

Scene.05

Scene.06

一番の希望は「働くこと」。
アンドセンターに滞在しながら、Homedoorが企業や行政から受託する駐輪管理の仕事をすることになった。近い境遇の先輩が、丁寧にやり方を教えてくれて安心だった。

日払いで給料をもらいながら、一部を貯金して携帯を契約し、家を借りて就職活動をすることが目標になった。
Scene.06

Scene.07

数ヶ月後…自分の家を借りることができた。
家探しから家具や家電の用意、引っ越しまで、Homedoorのサポートを受けることができた。

次の仕事先も一緒に探してもらい、理解のある職場で働けることとなった。

(上記ストーリーは、実際の相談ケースから再構築した内容です。)
Scene.07

Homedoorの設立経緯 Homedoorの設立経緯

14歳でホームレス問題に出会い、19歳で起業した。
「問題を知ったからには知ったなりの責任がある。」

代表の川口は、通学の車窓から見えるホームレスの人が多い地域「あいりん地区(通称・釜ヶ崎)」のことが気になり、14歳の時に、炊き出しに初めて参加しました。 そこで、決して自己責任でホームレスになったわけではないことを知り、今まで話したこともない人に偏見を持っていたことを後悔しました。その後、問題を知ったからには何かするべきだと、講演活動を開催し、友達を炊き出しに連れて行くようになりました。 しかし、それだけではホームレス問題は解決しません。路上から脱出したいと思ったら、誰もが脱出できる社会にしなくてはと、高校3年生の時に、1枚の絵を書きました。
14歳でホームレス問題に出会い、19歳で起業した。

“とりあえず、あそこに行けばなんとかなる。”

その日から、ゆっくり休める個室があって、 その日から、栄養の取れる食事がいただけて、 その日から、働ける場所がある。 そんな場所がこの日本でたった1つでもあれば、路上で亡くなる命、守れるんじゃないか。 この夢を実現しようと、ホームレス問題の研究が進む大阪市立大学に進学。大学2年生の時に設立したのがHomedoorでした。
高校3年生の時に、1枚の絵を書きました。

「川口さんの夢が、僕の夢にもなったよ。」

ある日、Homedoorで支援を受け、ホームレス状態から脱出できたおっちゃんがそう言ってくれました。 頼れる人も家もお金も仕事もなくて、自分ではもうどうしようもない時、とりあえずあそこに行けば、なんとかなる。 そんな場所を目指して、これからもHomedoorの挑戦は続きます。ぜひ、応援いただければ幸いです。
大学2年生の時に設立したのがHomedoorでした。

Homedoor 年表

<2010年>
4月 任意団体としてHomedoor設立
8月 あいりん地区(釜ヶ崎)で喫茶サービス「ココモーニング」開始
<2011年>
7月 就労支援事業「HUBchari」(ハブチャリ) 開始
10月 NPO法人登記完了
<2012年>
3月 第8回キャンパスベンチャーグランプリ 「経済産業大臣賞」「ビジネス部門大賞」受賞
6月 世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)Global Shapersに代表・川口が選出
9月 大阪市住吉区と協働でHUBchari運営開始
<2013年>
4月 大阪市北区と協働でHUBchari運営開始
9月 相談支援事業開始
11月 夜回り活動「ホムパト」開始
<2014年>
4月 就労支援事業「駐輪管理」開始
<2015年>
3月 「大阪府条例指定NPO法人」に認定(府内2番目)
Google インパクトチャレンジ グランプリ受賞
生活応援施設「ホット&ハウス」開始
5月 日経ソーシャルイニシアチブ大賞 新人賞受賞
<2016年>
5月 生活支援事業「カットモデル」開始
8月 相談支援事業「相談ボランティア制度」開始
10月 宿泊施設「ホムハウス」提供開始
<2017年>
1月 大阪市より「認定特定非営利活動法人」(認定NPO法人)取得
物品寄付サービス「モノギフト」開始
2月 関西経済同友会・関西経済連合会主催 関西財界セミナー 「輝く女性賞」
生活支援事業「アンド食堂」開始
7月 青年会議所主催 第31回人間力大賞「内閣総理大臣賞」「グランプリ」受賞
<2018年>
4月 居住支援施設「アンドセンター」開設
11月 ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019「再出発サポート賞」受賞
<2019年>
3月 生活支援事業「Snapshot taken by Homeless」開始
生活にお困りの方へ

Homedoorのこれから

①路上脱出の選択肢を何種類も

ホームレス状態から脱出したいと思ったら、その人の特技や性格に合わせて何種類もの支援メニューを提供できることを目指しています。その種類が豊富で、支援体制が柔軟であればあるほど、より多くの人のニーズに沿うことができると考えています。

②「困ったらあそこ!」

ホームレスになりそうという時、どこに頼ればいいかわからない人が多いのが現状です。そこで、「困ったらあそこに行けばなんとかなる。」という認識を広められるように、また、無一文の状態で相談に来られても、その日から安心して住める部屋を用意し、ゆっくりと、その人のペースで困窮状態から脱出できるような宿泊施設の運営を行います。

③ひとりも路上死しない。

日本の路上で、人が亡くなるの? と思われるかもしれませんが、大阪市内でもひどい時には年間200人以上が凍死や餓死で亡くなられたという報告がありました。また、襲撃事件もいまだに起きています。Homedoorでは、ホームレス問題に関する正しい認識が広まり、襲撃が起きないことを目指しています。また、路上から脱出したいと思ったら、脱出できるよう、全力でサポートしていきます。

応援メッセージ私たちも応援しています

  • 株式会社スピーディ 代表取締役社長
    福田淳さん

川口さんは名言の宝庫です。

当社は、デザインやクリエーションを通じてNPOのブランディングをお手伝いしております。
最初に川口さんにお会いしたときに、物凄い数の支援メニューやお仕事が用意されていたのです。
「メニュー多すぎてわかりにくくないですか?」って尋ねたら、川口さんは「どんな立場の人でも選択の自由が豊富にあることが大事なんです」とキッパリと返答され衝撃を受けました。
そんなキッカケから始まったお付き合いも現在では出前サービスアプリ開発にまで及んでいます。
「知ったからには、知ったなりの責任がある」本当に川口さんは名言の宝庫です。

  • アクサ生命保険株式会社 代表取締役社長
    安渕聖司さん

Homedoorと出会って、3つの大きな学びがありました。

まずは「意志と行動があれば、少しずつかもしれないけれど、社会は必ず変わる」ということ。
そして、「ホームレスの人たちは、私たちの今の社会がもたらした結果であり、原因はむしろ社会の方にある」ということ。
3つ目は、「一度失敗したら立ち直れないのではなく、何度でも挑戦できる社会を作りたいと思った」ということです。
これからもHomedoorの活動を力一杯応援していきます!

応援メッセージHomedoorをご支援くださっている企業さま・団体さま

株式会社アシストワン、大阪東急REIホテル、グーグル株式会社、株式会社グラナート、日本郵便株式会社(2018年度年賀寄附金配分事業)、株式会社フォーシックス、Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs、認定NPO法人ふーどばんく大阪、認定NPO法人 フードバンク関西、独立行政法人福祉医療機構、NPO法人フリーヘルプ、NPO法人 HEALTH SUPPORT HINATA、NPO法人二枚目の名刺、株式会社リブゲート、レイライン不動産株式会社、株式会社ロッキーホーム、ヤフー株式会社 (敬称略・五十音順)※2018年度年次報告書より抜粋