About us Homedoor物語Homedoor物語

14歳でホームレス問題に
出会った

14歳の少女が抱いた疑問14歳の少女が抱いた疑問

「ホームレスに近づいちゃダメ。」
「自業自得だから放っておきなさい。」

皆さんはそんな言葉を聞いたことはないだろうか。

『会ったこともないホームレスの人に対し、なんとなく怖いと思い込み、路上でホームレスの人が寝ていても気にも留めていなかった。しかし、ふとホームレスの人を見たとき、私は思った。どうして豊かな日本でホームレスになるのか。がんばらなかったらホームレスになるのか。自ら望んでなっているのか。』
知識を持っていなかった14歳、中学2年生の川口(現・Homedoor代表)にその答えは分からなかった。百聞は一見にしかずだと、大阪市西成区にあるあいりん地区 (通称・釜ヶ崎) での炊き出しに参加することにした。

釜ヶ崎は日本で一番多く、日雇い労働者や野宿者、そして生活保護受給者が集まる地域だ。過去には、結核の罹患率が全国平均の12.5倍で、かの有名な「国境なき医師団」が先進国で唯一支援を行った地域だともいわれている。そんな釜ヶ崎に足を踏み入れた川口は、困惑した。なぜなら、道行く人たちはほとんどが男性で、昭和時代を彷彿とさせる建物群や、道ばたで寝ている人がずらっと並ぶ光景を初めて目の当たりにしたからだ。

初めて訪れる場所に驚きながら、炊き出し用のおにぎりを作っていった。炊きたてのお米を使った何百個ものおにぎりが出来上がる。いざ渡そうとした時、隣でおにぎりを握っていた人がこう言った。「3時間も寒い中、おっちゃんたちは命の綱であるおにぎりたったひとつを待っているのよ。それを、孫みたいな年齢のあなたから、おにぎりを受け取るおっちゃんたちの気持ちを考えて渡してくださいね。」と。幼い川口の頭では理解しきれない大きく深い意味を持つ言葉に悩んでいる暇はなかった。おっちゃんたちは列をなし、すぐそこで待っていた。

「おつかれさまです!」と言いながら、ひとつひとつのおにぎりを丁寧に渡す。おっちゃんたちが「こちらこそありがとうなぁ。」と、寒さや栄養失調で震える手を差し伸ばしながら、おにぎりを受け取っていった。丁寧で謙虚な様子のホームレスの人々は、想像していたホームレス像とは全然違った。「本当におっちゃんたちは自業自得なんだろうか?」、14歳の少女は純粋な疑問を抱いた。

第2章へ続く次へ

詳しく見るHomedoor物語一覧へ戻る